もうすぐ十五夜、お月見は日本茶と!

今年は9月13日が「中秋の名月」、十五夜の日なんです。
そこで、お月見には月を眺めながらお茶を飲んで日本らしさを感じてみてはいかがでしょうか。

お月見って?

お月見は旧暦8月15日(十五夜)にお月さまを鑑賞する行事のことです。日本では平安時代以降に貴族の間で盛んに催され、
江戸時代になってから収穫を祝うお祭りの要素が加わり一般庶民の間に広まりました。

お月見のお供え物について

お月見にはお団子とすすきをお供えするイメージが何となく思い浮かぶのではないでしょうか。
地域によって様々ですが、最初はお団子ではなくその時期に収穫された芋や穀物をお供えしていました。よって十五夜は別名「芋名月」と呼ばれています。
また、お団子と共にお供えされる「すすき」ですが、地域によっては「稲穂」をお供えするそうです。
収穫が間に合わず稲穂に見立てたすすきをお供えしたのが広がったともいわれています。(すすきには魔よけの意味もあるそうです。)

お団子にお茶!

和菓子と日本茶は相性ピッタリです。もちろんお月見団子にもお茶がよく合います。しかしお団子の種類によって合わせるお茶を
変えてみるとさらに美味しくいただけるはずです。自分の好みに合ったお茶を探してみてはいかがでしょうか。

例えば・・・
甘みの強いあんこ系には、程よい渋みが感じられる深蒸し煎茶。
こってりみたらし系やきな粉系には、さっぱりとしたほうじ茶。
洋風にアレンジされクリームが合わさったものには、スッキリ茎茶。
香ばしい香りに味はあっさりしている玄米茶は、しょっぱい系にも甘い系にも合うと思います。

ぴったりの組み合わせを見つけて、是非素敵なお月見を味わってください!

ご購入はこちら>>

ちなみに、
十五夜と十三夜に両方ともお月見ができると縁起がいいと言われているのをご存じでしょうか。
十三夜とは旧暦9月13日(今年は10月11日)のことを言います。
この時期に収穫できるのが豆や栗だったことから「豆名月」「栗名月」と呼ばれます。
十五夜の次に月がきれいな夜といわれます。
栗や豆を使ったお菓子にもお茶は相性抜群!
十三夜にもお茶を飲みながらお月見を!!

夏にオススメ!ハイビスカス&ローズヒップティー

暑い日が続く夏には胃腸に悪いと知りつつ、つい冷たいジュースや炭酸飲料ばかり飲んでしまうという方、多いのではないでしょうか。
また、夏の日差しにさらされ、お肌にダメージを受けてしまったという方に、夏バテ解消、お肌のアフターケアにオススメのハーブティーをご紹介いたします。

見た目も美しいハイビスカスのお茶
ハイビスカスティー

ハイビスカスティーとは?

ハイビスカスはアオイ科フヨウ属の常緑中低木で見た目にも美しい花として有名です。しかし、ハーブティーとして使われているのはこの写真の花ではないのです!ハイビスカスティーにするのは通常、「ローゼル」という、見た目が少し違う種類の花なんです。また、お茶の原料になるのは花びらではなく「がく」の部分です。

ハイビスカスティーを淹れると水色はとても美しい赤色が特徴で、この色は着色料など全く使用していない、アントシアニンの赤色なんです。

ハイビスカスティーの効果、効能

「疲労感などの回復」
ハイビスカスティーを飲んだ際に感じる爽やかな酸味は「クエン酸」や「リンゴ酸」からくるものです。
クエン酸は運動後やストレスなどで蓄積された疲労物質を分解し、「疲れた」という感覚を和らげる働きがあります。

「むくみの解消」
むくみの原因の一つとしてナトリウムが体内に多くあることがあげられます。体内にナトリウムが多くなると、それを薄めるために水分を取り込み、細胞が膨らみます。これがむくみとなるのです。
ハイビスカスティーにはカリウムが多く含まれています。カリウムには過剰なナトリウムを排出する働きがあるので、むくみの解消が期待できるのです。

「美肌効果」
ハイビスカスティーにはビタミンが豊富に含まれており、肌荒れを解消したり、日焼け後のシミの予防にも効果が期待できます。

「鉄分不足にも」
意外と知られていないのが、ハイビスカスティーに含まれる鉄分の存在!血液から鉄分が不足すると、酸素が体に行き渡らず、疲れやすくなるなどさまざまな不調を引き起こします。男女問わず、不足しがちな栄養素です。ハイビスカスティーなどで少しずつこまめに摂取するのがおすすめです。


ハイビスカスティーの飲み方、淹れ方、味は?

ハイビスカスティーは、甘い香りと裏腹にとても甘酸っぱいハーブティーです。初めて飲む方には「こんなに酸っぱいの?」と驚かれる方も・・少し味見をしながらお好みの濃さを見つけて下さい。また、はちみつなどで甘みを足すと美味しくいただけるのでオススメです。
ローズヒップやオレンジピールなど他のハーブとブレンドするのも良いでしょう。

淹れ方は、茶葉に熱湯を注ぎます。抽出時間の目安は2~3分、ルビー色になったら飲み頃です。蒸らしすぎると酸味が増します。
アイスの場合はお湯の量を1/2~1/3にして濃く淹れて、氷を入れたグラスに注いで一気に冷やします。

ハイビスカスティーの茶がらはバスソルトと混ぜて入浴剤として使用するのもおすすめです!お肌がハイビスカスティーの成分を吸収し、潤いを与えてくれます。

ご購入はこちら

ビタミンいっぱい!
ローズヒップティー

ローズヒップティーとは?

ローズヒップティーはレモンの約20倍ものビタミンを含んでおり、美肌を形成するのに非常に効果の高いと言われているハーブティーの一つです。
「ビタミンCの爆弾」との呼び名があるほど豊富にビタミンCを含んでいるんです。ビタミンCはコラーゲンの生成をサポートする働きや、メラニンの生成を抑える働きがあり、内側からお肌を健やかに保つことが期待できます。

ちなみにローズヒップとは、野バラの花が咲いた後にできる実のことを指します。ヨーロッパやアジアに普及していて、5月頃に花を咲かせ、秋になると赤い実をつけます。

ローズヒップティーの効果、効能

「美肌、肌荒れに」
抗酸化作用の高いビタミンCが豊富に含まれており、紫外線を浴びると発生するメラニン色素を抑えて、シミができにくくしてくれます。熱によるビタミンCの分解を防ぐ「ビタミンP」も多く含まれているので、ホットで淹れて問題なく摂取することができます。
また、ペクチンなどの水溶性食物繊維の一種が腸内の環境を整えてくれます。腸内環境がよくなることで、肌荒れを防ぐこともできるといわれています。

「免疫力の向上」
腸内環境がよくなることで免疫力向上にも高く評価されています。さらに、ローズヒップには抗菌、抗ウイルス効果があり、日々飲む習慣をつけることで風邪の予防になります。


ローズヒップティーの飲み方、淹れ方、味は?

ローズヒップティーは甘く爽やかな香りで、味も程よい酸味があり、飲みやすいハーブティーです。ブレンド用として人気があり、たいていのハーブと相性がいいです。

淹れ方は、茶葉に沸騰したお湯を注ぎ、3~5分蒸らします。
実の量を多めにするとややとろみのあるお茶になります。
酸味が苦手な方は茶葉の量を減らしたり、少しはちみつを加えるなどアレンジしてみて下さい。

ハイビスカスティーとブレンドすると鮮やかな水色と甘酸っぱさがやみつきになります。
ホットミルクとはちみつとブレンドすると、お子様でも飲みやすいローズヒップホットミルクになります。


過剰摂取は注意が必要!
ローズヒップティーをガブガブ飲むのは避けるようにしましょう。
あくまでもハーブティーです。飲めば飲むほど効果が得られるわけではありません。飲みすぎてしまうとビタミンCの過剰摂取をしてしまうので、程々にしておくという姿勢で。
また、バラ科の植物に対してアレルギー反応が出る方、シラカバ、ハンノキの花粉症アレルギー反応が出る方は注意が必要です。

ご購入はこちら

どちらもノンカフェインなので、お子様や就寝前でも安心してお召し上がりいただけますよ。

冷たいものばかりで胃腸を冷やすと代謝も悪くなるので、是非ハーブティーなどを取り入れてホットする時間を作ってみて下さい。もう秋になります、残暑を乗り越えましょう。

大容量10kg入りウーロン茶 販売開始

昔ながらの烏龍茶は当店で不動の人気商品です。お徳用のグレードから高級グレードまで、本格的な烏龍茶を幅広く取り扱っております。

今回、大容量10kg入りでの販売を開始しました。このサイズでのお徳用販売は卸業を営む当店ならでは!

業務用で大量に必要な方に、もちろん個人のお客様も大歓迎です。

ご購入はこちらから >>

こだわりの新茶

新茶とは?

みずみずしいお茶の新芽

4月下旬から5月にかけて、その年の最初に芽吹いた新芽を摘み取ったお茶は「新茶」と呼ばれます。新しい春を迎え、一斉に顔を出す茶葉は、みずみずしい生命力に満ちています。古くから「無病息災長寿めでたし」と言われ、重宝されてきました。

新芽が芽吹く茶園

当店の本拠地、静岡県牧之原市はお茶の名産地。桜の花が散る頃になると、一面に広がる茶園が鮮やかな若草色に染まり、新茶の季節がやってきます。

新茶の魅力

新茶には若葉がもつ爽やかな香りと、うま味、甘味の豊かな味わいがあります。カテキンやカフェインが少ないため、苦みや渋味が少なく、緑茶の魅力を余すことなく楽しむことができます。

茶卸総本舗の新茶


茶卸総本舗を運営するマルサン萩間茶は、 お茶の名産地である静岡県牧之原市で明治40年に創業しました。当社の新茶は、茶葉の生産から荒茶加工、仕上げ加工と、 全ての工程に徹底したこだわりを込めてつくられています。 この味は数々の全国的な品評会で認められ、表彰されています。

お求めはこちら >>

明日葉茶でハリのある毎日を!

明日葉

明日葉は日本に自生する植物で、古くから食用として親しまれています。生命力が強く「葉を摘んでも明日には新しい目が生える」ということで、この名が付いたそうです。非常に多くの栄養を含み、昔から健康維持の強い味方として知られています。

明日葉の生命力でエイジング対策(※1)

明日葉が含有しているカルコン類やイソクエルシトリン、植物性有機ゲルマ二ウムは、健康的な血流の維持に役立つと言われています。継続して飲むことで、体の内側も外側も、お手軽なエイジング対策(※1)となります。
また、疲れを感じている方や生活習慣の乱れが気になる方にもおすすめです。

さらに、温かい明日葉茶を飲めば体の中から温まりますので、冷えが気になる方にもおすすめです。ノンカフェインで、就寝前でも安心して飲むことができます。

(※1)エイジング対策 … 年齢に応じた栄養面によるケア

明日葉茶の作り方

春から初夏にかけての明日葉の新芽や若葉を摘み、日干ししてよく乾燥させます。摘み取ると、葉や茎の断面から黄色がかった汁が出てきますが、実はこの中に、カルコン類などの栄養がたくさん含まれています。
お茶を淹れる際は、お好みの量を急須に入れ、熱湯を注いでください。

明日葉茶の味

独特の香りがあり、好みが分かれる味ではあります。例えれば、桜餅の葉のような青々とした香りで、ほんのりと後味が続きます。少しだけ苦味もありますが、飲みづらく感じることはありません。
当店の明日葉茶は受注後に焙煎してお届けしますから、香りはまろやかで、香ばしさを楽しめる仕上がりになっています。きっと気に入って頂けると思います。

お求めはこちら

明日葉茶 100g 「強い生命力の明日葉を、手軽に健康茶で」
国産明日葉茶 100g 「強い生命力の明日葉を、手軽に健康茶で」

栄養満点で飲みやすい健康茶 桑の葉茶

桑の葉は蚕のエサとして有名です。桑は栄養が豊富な植物で、昔から重宝されています。そのチカラを知った人々は、葉や実のみならず、根まで食べてしまうほどです。そんな桑の栄養をおいしく手軽に頂くには、桑の葉を茶葉にして飲む、桑の葉茶がおすすめです。

桑の葉茶が持つ栄養成分と効果

豊富なカルシウムと鉄分で元気を取り戻す

桑の葉には、小松菜の1.5倍のカルシウムと15倍の鉄分が含まれています。現代人にとって特に不足しがちなミネラルが豊富に含まれ、疲れを感じる方、元気を取り戻したい方におすすめです。

ダイエットの見方 桑の葉特有の成分「DNJ」(1-デオキシノジリマイシン)

 

近年、桑の葉特有の成分「DNJ」(1-デオキシノジリマイシン)が注目を集めています。この成分は血糖値の急上昇を抑制してくれると言われています。

血糖値が急上昇すると、すい臓から多くのインスリンが分泌され、余分な糖分を脂肪として貯えようとします。これを緩やかにすることで、健康的な体の維持に役立ちます。

ガンマ・アミノ酪酸(GABA)が健康的な血圧維持をサポート

桑の葉には少量ですが、ガンマ・アミノ酪酸(GABA)が含まれています。この成分は神経の高ぶりを抑え、健康的な血圧を維持してくれると言われています。

桑の葉茶の味

健康的で様々な栄養成分を含む桑の葉茶ですが、意外にもクセがなくおいしく頂けます。苦みや渋味はほとんどなく、香ばしく優しい香りです。

自信をもってお勧めできる一品です。

お求めはこちら

健康的なダイエットを心がけたい方に 桑の葉茶 100g
国産桑の葉茶 100g

よもぎ茶で心も体もポカポカに

 

「草のダイヤモンド」よもぎ

よもぎは日本中に自生する、とても生命力のある植物です。みなさんのご近所にも、きっと生えています。そんな、なじみ深いよもぎですが、実は豊富な栄養が含まれています。「草のダイヤモンド」と呼ばれることもあるほどです。

昔から、よもぎの草餅、よもぎ風呂など、健康を願った人々がいろいろなことに用いて、今でも日本の文化として根付いています。葉の裏には綿毛があり、これを乾燥させてお灸のモグサとしても利用されています。

このよもぎを使ったお茶はどんなものなのでしょうか。

体をポカポカに

よもぎにはシネオールなどの精油成分が含まれており、温かいヨモギ茶を飲めばポカポカになりますよ。体の冷えが気になる方におすすめです。

胃腸の健康維持に

よもぎが豊富に含むカオテンと葉緑素は、胃腸の健康維持に役立つと言われています。また、血管や臓器の健康を保ち、風邪の予防にも役立つと言われています。

妊婦さんも安心

よもぎ茶はノンカフェインで妊婦さんに不足しがちな栄養素を豊富に含んでいるので、多くの助産院で飲用されています。

もちろん、お休み前に飲んでも大丈夫です。

よもぎ茶の作り方・淹れ方

栄養が豊富な5~6月の葉を摘み取り、細かく刻んで天日干しします。

当店では、さらに焙煎機で火入を行い、優しい香りを引き立てます。

淹れるときは、急須にお好みの量で茶葉を入れ、熱湯を注ぎます。

さて、お味は・・・

少し苦みがありますが、クセもなく飲みやすいです。

一口飲めば、口の中によもぎのよい香りが広がります。

「日本のハーブ」と呼ばれることもあり、爽やかなスースー感がほのかに楽しめます。食後にもピッタリです。

お求めはこちら

よもぎ茶 100g 当店特別価格1,306円(税込)

 

体すっきり カワラケツメイ茶

 

カワラケツメイ茶とは?

カワラケツメイは日本各地に自生するマメ科の一年草で、河原に多いことからこの名がつけられました。みなさんの身近なところにも生えているかもしれません。
カワラケツメイ茶は昔から日本中で愛飲されていたようで、「ネム茶」、「マメ茶」、「浜茶」、「さんぺんず」など、様々な別名で呼ばれることもあります。弘法大師が教えたという言い伝えから「弘法茶」と呼ばれることもあります。

カワラケツメイ茶の作り方

葉や茎など、根以外のすべてを乾燥させてお茶とします。当店では、さらに焙煎機で火入を行い、香ばしくて優しい香りを引き立てます。
煎れるときは、急須にティースプーン2杯ほどの茶葉を入れ、熱湯を注ぎます。

健康維持に役立つ成分

カワラケツメイ茶にはアントラキノン誘導体や、ポリフェノールの一種であるフラボノール類が豊富に含まれています。
これにより、老廃物を出す機能をサポートし、健康の維持に役立つと言われています。
血圧が気になる方にもおすすめです。

さて、お味は・・・

飲んでみました。
おいしいです。
穀物系の香ばしくて優しい香りで、ほっとします。
苦みや渋味はなく、少し甘味が感じられました。
あっさりしていて飲みやすく、これなら無理なく続けられそうです。

お求めはこちらから

カワラケツメイ(浜茶)100g 当店特別価格653円(税込)
カワラケツメイ(浜茶)100g 当店特別価格653円(税込)

 

イチョウ茶のススメ

イチョウは過酷な環境を生き抜いた「生きた化石」

茶卸総本舗ブログ担当の後藤です。

イチョウは恐竜が生きていた3億年前から存在し、「生きた化石」と呼ばれています。その後やってきた氷河期を生き延びた、たくましい植物なのです。

そんなイチョウの葉を煮出したお茶があり、ひそかに注目を集めているんですよ。

イチョウ茶がもつ健康維持に役立つ成分

イチョウ茶にはフラボノイド、ギンコライドといった成分が豊富に含まれており、私たちの健康維持を助けてくれます。医療先進国ドイツでは、イチョウを医薬品として認可しているほどです。

さて、お味は・・・

飲んでみました。

健康茶の中では、飲みやすい方です。まずくないです。

※ これは個人の感想で感じ方には個人差があります

渋味と酸味が少しあるくらいで、クセは少ないです。そして、横山工場長の絶妙な焙煎のおかげでしょう。ほんのりと香ばしい香りが楽しめます。

これでイチョウエキスが持つ豊富な成分をいただけるのなら、ぜひ続けて飲みたいところです。

お求めはこちらから

まずは、お手頃な価格でお試しください

銀杏葉茶 当店特別価格679円(税込)

本格的な国産品もおすすめです

国産銀杏葉茶
国産銀杏葉茶 当店特別価格1,942円(税込)

茶卸総本舗ブログ 開設しました

はじめまして、こんにちは。
このブログを担当する、茶卸総本舗の後藤です。

スローガンは「日々をちょっと楽しくする、お茶のお話をお届けします。」

幅広く、奥深いお茶の世界を、ちょっとずつ紹介して、
皆さまの暮らしが、ちょっとだけ楽しくなる、そんなブログにしたいと思います。