よもぎ茶で心も体もポカポカに

 

「草のダイヤモンド」よもぎ

よもぎは日本中に自生する、とても生命力のある植物です。みなさんのご近所にも、きっと生えています。そんな、なじみ深いよもぎですが、実は豊富な栄養が含まれています。「草のダイヤモンド」と呼ばれることもあるほどです。

昔から、よもぎの草餅、よもぎ風呂など、健康を願った人々がいろいろなことに用いて、今でも日本の文化として根付いています。葉の裏には綿毛があり、これを乾燥させてお灸のモグサとしても利用されています。

このよもぎを使ったお茶はどんなものなのでしょうか。

体をポカポカに

よもぎにはシネオールなどの精油成分が含まれており、温かいヨモギ茶を飲めばポカポカになりますよ。体の冷えが気になる方におすすめです。

胃腸の健康維持に

よもぎが豊富に含むカオテンと葉緑素は、胃腸の健康維持に役立つと言われています。また、血管や臓器の健康を保ち、風邪の予防にも役立つと言われています。

妊婦さんも安心

よもぎ茶はノンカフェインで妊婦さんに不足しがちな栄養素を豊富に含んでいるので、多くの助産院で飲用されています。

もちろん、お休み前に飲んでも大丈夫です。

よもぎ茶の作り方・淹れ方

栄養が豊富な5~6月の葉を摘み取り、細かく刻んで天日干しします。

当店では、さらに焙煎機で火入を行い、優しい香りを引き立てます。

淹れるときは、急須にお好みの量で茶葉を入れ、熱湯を注ぎます。

さて、お味は・・・

少し苦みがありますが、クセもなく飲みやすいです。

一口飲めば、口の中によもぎのよい香りが広がります。

「日本のハーブ」と呼ばれることもあり、爽やかなスースー感がほのかに楽しめます。食後にもピッタリです。

お求めはこちら

よもぎ茶 100g 当店特別価格1,306円(税込)

 

体すっきり カワラケツメイ茶

 

カワラケツメイ茶とは?

カワラケツメイは日本各地に自生するマメ科の一年草で、河原に多いことからこの名がつけられました。みなさんの身近なところにも生えているかもしれません。
カワラケツメイ茶は昔から日本中で愛飲されていたようで、「ネム茶」、「マメ茶」、「浜茶」、「さんぺんず」など、様々な別名で呼ばれることもあります。弘法大師が教えたという言い伝えから「弘法茶」と呼ばれることもあります。

カワラケツメイ茶の作り方

葉や茎など、根以外のすべてを乾燥させてお茶とします。当店では、さらに焙煎機で火入を行い、香ばしくて優しい香りを引き立てます。
煎れるときは、急須にティースプーン2杯ほどの茶葉を入れ、熱湯を注ぎます。

健康維持に役立つ成分

カワラケツメイ茶にはアントラキノン誘導体や、ポリフェノールの一種であるフラボノール類が豊富に含まれています。
これにより、老廃物を出す機能をサポートし、健康の維持に役立つと言われています。
血圧が気になる方にもおすすめです。

さて、お味は・・・

飲んでみました。
おいしいです。
穀物系の香ばしくて優しい香りで、ほっとします。
苦みや渋味はなく、少し甘味が感じられました。
あっさりしていて飲みやすく、これなら無理なく続けられそうです。

お求めはこちらから

カワラケツメイ(浜茶)100g 当店特別価格653円(税込)
カワラケツメイ(浜茶)100g 当店特別価格653円(税込)

 

イチョウ茶のススメ

イチョウは過酷な環境を生き抜いた「生きた化石」

茶卸総本舗ブログ担当の後藤です。

イチョウは恐竜が生きていた3億年前から存在し、「生きた化石」と呼ばれています。その後やってきた氷河期を生き延びた、たくましい植物なのです。

そんなイチョウの葉を煮出したお茶があり、ひそかに注目を集めているんですよ。

イチョウ茶がもつ健康維持に役立つ成分

イチョウ茶にはフラボノイド、ギンコライドといった成分が豊富に含まれており、私たちの健康維持を助けてくれます。医療先進国ドイツでは、イチョウを医薬品として認可しているほどです。

さて、お味は・・・

飲んでみました。

健康茶の中では、飲みやすい方です。まずくないです。

※ これは個人の感想で感じ方には個人差があります

渋味と酸味が少しあるくらいで、クセは少ないです。そして、横山工場長の絶妙な焙煎のおかげでしょう。ほんのりと香ばしい香りが楽しめます。

これでイチョウエキスが持つ豊富な成分をいただけるのなら、ぜひ続けて飲みたいところです。

お求めはこちらから

まずは、お手頃な価格でお試しください

銀杏葉茶 当店特別価格679円(税込)

本格的な国産品もおすすめです

国産銀杏葉茶
国産銀杏葉茶 当店特別価格1,942円(税込)

茶卸総本舗ブログ 開設しました

はじめまして、こんにちは。
このブログを担当する、茶卸総本舗の後藤です。

スローガンは「日々をちょっと楽しくする、お茶のお話をお届けします。」

幅広く、奥深いお茶の世界を、ちょっとずつ紹介して、
皆さまの暮らしが、ちょっとだけ楽しくなる、そんなブログにしたいと思います。